ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

今風の曲を作ってみる話は続く

投稿日:

構想8年製作3年みたいな話はとんと聞かなくなって

こんにちは。imoimoです。

今風の曲を作ってみよう、と言うわけでドンドンドンドンの四ッ打ちの上にズビビビズバンボみたいなベースラインを載せてみました。

果たしてこれが今風か、と言うと微妙でして、多分10年以上前のパターンなのだと思います。

さてその次どうしたらよいのか全く行き詰まったので、世間を探索しようとSoundCloudをあっちこっちうろついてみたのでした。

そこら中にあると思っていたズビビビズバンボは、ちーっともありゃしない。

みんなきちんとフレーズがあって、コードがあって、リズムもあるわけなのでした。

そうは言っても、B級SFのエンドロールや、街中の広告とかでよく耳にすると思うのだけど。ありゃいったい誰がどうやって作ってるのだろう。

そう言えば

よく「月間100曲公開する」とか「20分で1曲仕上げる」とかやっている話を聞くわけです。

どう考えても、20分で1曲仕上げるにはキカイの力を借りないと無理だと思うわけ。

なぜなら仮に3分の曲だとして、まともに弾いたら20分間で最大6パートしか録れない。考える時間ゼロ、て話。

だから、こういうパターンの製作方法はきっと、ストックしてある音源をループさせるとか、それこそズビビビズバンボを組み合わせるとかじゃないのかなぁ、と思うわけです。

とは言え、そういう曲が見つからないのも事実でして。今風だと思っていたのは大きな勘違い?

まぁ、音感が悪くて聞き間違えが絶えないimoimoなので(→ゆるーい曲作りは耳コピきっかけで全然OKな話)さもありなん。アタマを使って進めよう、と諦めました。

そもそも

フレーズやパターンのリピートで作る曲は、圧倒的にセンスが求められるじゃないですか。はぁ。そんなものありゃしない。

戦場のメリークリスマス(/坂本龍一→コレ)や、Every Breath You Take(/The Police→コレ)や、Don’t Stop Believin’(/Journey→コレ)やら、恋するフォーチュンクッキー(/伊藤心太郎・武藤星児というかAKB48→コレ)やら。考え抜かれたと言うかセンスのかたまりと言うか、そんなもの作れるはずもなく。

悪態をついていても進まないので、音を載せて行く事にしました。

渋々、アンビエント系のシンセを重ねてみて「これじゃぁ効果音づくりだなぁ」などと自虐しつつ流してみると、ようやく載せていない音が聴こえ始めました。ところが、頭に聴こえてくるのは「ジュジュジュワ~」とか「ガッシャン」とかSE系ばかり。いや、きっとこの道は間違っている気がする。ロクなもんにならなそうな。なんとかズビビビズバンボに乗るフレーズを考えなくちゃ…焦れば焦るほど聴こえてくるのはジュジュジュワ~ッ。

そうです。ロクなものじゃないです。と開き直ってジュジュジュワ~を入れる事にしました。ただ、これはきっと作らないと無い音。何で作ろうかな。とてもじゃないけど20分で1曲とか無理。

そんなこんなでお粗末様でした。

 

-曲作り

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.