ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

エッジが立つ前にうろうろ音

更新日:

あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。進んでいるのかいないのか

こんにちは。imoimoです。

ドンドンドンドンの四ッ打ちとズビビビズバンボのシーケンサ系ベースライン。

エッジが立った音にしようとしますが

  • 500Hzとかを切る
  • 2000Hz辺りを上げる
  • トランジェントシェイパーをかける
  • 変に音を散らさない
  • リヴァーブは直にかけずにマスターでかける

みたいなところまで。合ってるのかね。この対策。

後は何だろう。

  • モノラルで鳴らす?
  • ゲートを短くする?

まぁ、勉強嫌いなもので、行き当たりばったりなわけです。

面倒くさくなってきたので、別の音に手を出す事にしました。

うろうろロングトーンを作ろうと思います

普段ほとんど使わないパンナーの出番ですかねぇ。

で、挿したのがPanCake2。

高機能オートパンとして有名です。(ダウンロードはこちら

定位を決める時は普段A1 StereoControlを使うのですが、今回はうろうろ動かしたいのでPanCake。

ステレオエキスパンダーのA1StereoControl。(ダウンロードはこちら

PanCakeに触るのは初めてですが、見た目がとにかく面白くて。

スタートのタイミングは、ビートやクロックと色々変えられます。

今の定位がピカッと光って走って行きます。

それに合わせて、音を鳴らすと波形が走って行きます。

美しい~!

ポイントを幾つも設定して動き方を細かく決められます。

左から右に行ったと思ったら急旋回とか、流れる一本通行とか自由自在。こりゃたまらん

ぐちゃぐちゃ動かしてみました。ところが…

全然うろうろしないぢゃん!

結論。

mixがゼロになっておりました。当たり前なのね。つまらんオチ。

mixを100にしたところ、バッチリ動き回ります。

ただ左右に動くのではなくて、自然に頭の周りをうろうろする感じ。よくできてますねぇ…

カーブのスタイルも色々切り替えられます。

引越が長引いておりまして、今日もここまで、て事で。

そんなこんなでお粗末様でした。

-曲作り
-

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.