ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

ベース練習しとけば良かった

投稿日:

個々は自律的に行動していても、集団になるとまるで何かに操られるかのような動き

こんにちは。imoimoです。

新しくプロジェクトを作りまして、行き当たりばったりの製作をまたぞろやっております。

ノーアイデアで作り始めたもので、リフもモチーフも在庫ゼロからてきとーに作っております。

無理やり4小節のモチーフを3つひねくり出して、並べて行く内にどうにかそれっぽくなって参りました。

何だか他人の曲の様な印象です。一体自分のどこにこんな曲調があったのか不思議。それがまた面白い所でもあるのですが。

所詮はやっつけ。頑張って2コーラス分回しましたが2分にもなりません。

長ければ良い、てものでもありませんが

良い曲の2分は素晴らしいですが、こういう駄作はやっぱり3、4分ぐらいないとサマになりません。

そもそも、「途中でテンポの変わる曲をやりたい」てんで始めた事をすっかり忘れてもいました。後半で倍速になるようにしなくちゃ。

ガチでギターの弾けないimoimoが、今回ギタートラックで曲を作っておりますもので、妄想ギタリスト君はずーっとGmから離れてくれずにうごうごやっております。

最近Greta Van Fleet(→公式ページ)をちょこっと聴いた影響か70年代ぽいリフをまぁ好き勝手に次々繰り出してくれちゃいます。

Greta Van Fleet

photograph:Koury Angelo/REVOLVER

「ロックの未来」と呼ばれるアメリカのバンド。大物プロデューサーが熱心に育てているかなりホンモノな若者達。まぁ既に超有名ですが、年寄りは最近まで知らなかった、てだけ。舐めたらいけません。想像を大幅に超える4人です。ヴォーカルのジョシュはパッと見可愛いけれどアイドルじゃないよ。

現実に弾けるかどうかは不明。まぁ弾けそうだから良いか、てなゆるーい感じでギタートラックを書き足しております。

こりゃあベースに気の利いた絡み方をして貰わないと、「3分で寝られる曲」になること請け合い。

ところが

imoimoは、当然の様にベースも弾けません。

遠い昔、1回だけシャレでベースで人のバンドに参加した事がありますが。

その時はずーっと一番下のEをベケベケやってれば良かっただけでして。それもビートに合わないので一つおきに弾いておりました、と言うド素人ぶり。指では無理だからピックでダウンオンリー。借りたプレシジョンも泣いておりました。

最近は日本人も手が大きくなったのか、5弦の方が多くて。実物を見ても弾ける気が全くしません。

こんなくらいの迫力の指板幅でございます。洗濯板風味。

耳も良くないので、世の曲を聴いてもベースラインは聞き間違えのオンパレード。

そんな状況で、気の利いたベースを入れるのは一苦労です。

しかもキーは個人的に不慣れなGm。あぁ、無理しなけりゃよかった…

4弦で考えておりますので、一番下はE。

でもGmだとどうしたってDとかE♭、Cを使いたくなるのです。

E♭なんて、既に2弦ぢゃん!低いE♭が良いのに…

でもギターはずーっとGmのキーでやりたい放題やっております。

世の中、Gmの曲はかなり多いと思うのですが、ベースの皆様は一体どう乗り切っているのだろう…ダウンチューニングとかはナシね。

あぁ、だからみんな5弦なのかな(多分間違った認識です)。

そんなこんなでお粗末様でした。

 

-曲作り
-,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.