ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

じわりじわりと完成が見えて来ました

投稿日:

なぜ祭りだと他人に迷惑かけてもOKなのか不思議

こんにちは。imoimoです。

行き当たりばったりの製作をてきとーにやっております。今回使っているのはお久しぶりのCakewalk。

Cakewalk by BandLab

歴史の長いSONARが無償公開となった総合DAW(→ダウンロード)。

いい加減慣れても良さそうなものですが。久しぶりだからとはそろそろ言い訳できない不慣れっぷりです。機能が豊富過ぎてついて行けておりません。

そうこうしている内にも

一曲分の基本的なトラックができまして。

これだけではスッカスカでしたので、シンセを挿して肉付けをやっております。

メロディーから作らなかったせいなのか。てきとーな曲だからか。どうも何かが抜けている感じが止みません。

コードの中からフレーズを炙り出す様に付けて行きまして、どうにかぼんやりと形になって参りました。

問題は

インタルード(間奏)。苦手種目なクセにピアノを今回入れておりまして、調子に乗ってピアノソロまで入れてしまっております。

何分いい加減なもので、バッキングのままソロも同じトラックに入れてしまいました。

途中でミキサーいじったりとかは面倒なのであまりやりたくありませぬ。

作り直せば良いのに

ここはひとつ上塗りをしようと決意。シンセをユニゾンで重ねてみました。

重ねたシンセはちょっと金属的な音だったのですが。醤油のつもりでソースかけちまった海鮮丼状態。激しくミスマッチです。

はぁ。ここは課題として取っておこう。

基本的なトラックが

揃った段階で、今回はいったんオーディオに書き出して作業をやっております。

予想通り、その後オーディオドロップしたりプロジェクトそのものが落ちたりし始めたので、保険の意味では成功でした。

ところが。どうってこと無いはずのに、MIDIトラックに戻ってノートを直すのは億劫になるものですね。

MIDIトラックもプラグインも全部残してあるので、ミュートを解除すればすぐ戻れるのに、どうも腰が重くなります。

ともあれ

おおよそパートは出そろった感があるので、ひとつずつやって行こうと思います。

何分てきとーに作ってしまったものですから、イントロとヴァース(Aメロ)の出だしは同じコード進行。

コーラス(サビ)がこれまたヴァースと同じコード進行のリズム違い。

ブリッジは2段構え。

要するに

イントロ→ABC→サビ→ABC→サビ→インタルード→C→サビ

と言う構成なのに、イントロ≒A≒サビだ、てもんですから事実上

AA→B→C→AA→B→C→A→X→C→A

名曲でもないのに半分が同じフシ。これはかなり辛いです。

とは言え

発掘作業の様にしてコードから炙りだしたフレーズは、イントロでもヴァースでもコーラスでも当てはめ可能と言う利点もあるわけです。

フレーズはご丁寧に3種類発掘してありますので、今さらながらコーラスのところのフレーズをイントロに持ってこようか、などと考えております。

でも、良ーく見ると

コード進行が同じなのは最初の2小節ずつだけでした。挫折。

そうは言っても、もう製作も終盤と考えて良さそうではあります。

あとは

  • フレーズを取りまとめて
  • ピアノソロを作り直して
  • シンセの音決めして
  • (多分)トラックをチョイ足しして
  • バウンス

ぉっ!先が見えて参りました。

実際はここからが結構長かったりもしますが。

もういい加減

この曲に飽きて来ている時期なわけです。ちんたら作っている弊害です。

作り終わる前に聴き飽きる」症候群。

この時期に、「次はこんな曲作ろう」と言う気になっていると次が楽ちんなのですが。

今回は、この製作が終わったら、以前のプロジェクトを手直ししようと言う気になっております。

いわゆるリミックスとかリマスター、て言うヤツですね。

それはきっと。今回と同様何も思いつかないから。

そんなこんなでお粗末様でした。

-曲作り
-

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.