UI Standard Guitarでノイズとか

コミケがあるとかで。国際展示場駅はおっさんには目のやり場に困る状況

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回は、先にギターのトラックだけ全部作ってしまおうと意気込んでおります。

使っているのはUI Standard Guitar

最強無料ギター音源と言われています(→ダウンロード)。

多彩な奏法を収録したサウンドフォント(.sfz)なので、プレイヤーのsforzando(→ダウンロード)に読ませて使います。

UI Standard Guitarには

フォントが二種類ありまして。

奏法の切り替えをベロシティで行う-VSOPと、キースイッチで切り替える-KSOPがあります。

-VSOPの方が手軽に使えますが、今回はイキがって-KSOPを使っております。

ノートのトラックと、キースイッチのトラックを分けた方がスッキリするので、音源一つにMIDIトラックを二つ使っています。

キースイッチの方のトラックはプラグインを挿さずにMIDI出力をsforzandoのトラックに回しました。

低速ノートだからか

気持ち早めにキースイッチの信号を送らないと音が切り替わらないので、キースイッチのトラックは16分音符一つ分前にずらしております。

例えばズズチャッズチャッチャみたいな80年代かっ?!と言うリフの場合。

」はきっとパームミュート。掌の柔らかいところを5弦辺りにあててピッキングするのでしょう。

でしょう、と言うのはガチでギターが弾けないからです。

チャ」は同じ弾き方だけど1-3弦辺りで弾いているから柔らかいところが触らずに鳴るのでしょう。と言うことはサスティン。

…などと妄想しながらキースイッチを配置して行きます。

「見てね♡」フォルダの中にある「説明および注意事項」のテキストを開くと、キースイッチの説明がされています。

何々?サスティンのダウンピッキングは下の方のCで、パームミュートはD♯。アップやオルタネイトのピッキングも切り替えられるとあります。

そんなわけで、キースイッチのトラックには

D♯・C・D♯C・・

と短めの音符で置きます。一瞬で良いのだけどimoimoの場合は32分音符ぐらい。見えないと困るんで。

このトラックが全体的に少し前に鳴る様にしております。

ズズチャッ」の「」が要るので、「チャ」の音はゲートタイムを調節してそれっぽくなるようにします。休符を挟む感じ。

この長さで「ズズチャッ」とか「ズズチャー」とか「ズズチャン」とかムードが変わるのが面白い所。

でもね

後半の「ズチャッチャ」の「」は、意外と空ピックで「ブッ」みたいにやる事もあるよね、と妄想が膨らんで参りました。

こういう音が無いとギター、て品が良くなりすぎる気もするし。

生ギターでも結構入るよね。亡くなっちゃたけどパコ・デ・ルシアさん(→公式サイト)の演奏とか(→YouTube)。

UI Standard Guitarにはこういうノイズ系の音も収録されています。

キースイッチよりも更に下の方に行くと、空ピックみたいな「ボッ」と言う音や弦の擦れる「ピキッ」みたいな音。

竿を擦った時の「ブリリン」みたいな音や、みんな大好きピックスクラッチの「ギョユーン」みたいな音。

色々入っております。

ギターやベースの音源て、音域外にこういうのが収録されているものが結構あって。説明されていない時とかもあるので色々鳴らして見つけた時は得した気分だったり。

ちなみに

無料ベース音源のAmple Bass P Lite II(→ダウンロード)では

音域外の高い方に収録されています。

こう言う、楽音以外の音をどちらのトラックに入れるかハタと考えました。

ベロシティで切り替えるVSOPでは普通に一緒くたに入れてしまっていましたが、こういう類の音は例えば音源を挿し換えたら具合の悪い事になったりもするよね、と気になり出したわけです。

そこで、ノイズ系のノートデータはキースイッチの方のトラックに置く事にしました。

音域的にも見やすくなるし、多分これが正解。たまにはいい事思いつくな、と自画自賛。

そんなこんなでお粗末様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました