ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

DAW/VST

VST管理にはVSTHostが手軽な話

更新日:

スマホの電卓よりも、カチャカチャ電卓がお気に入りなので、荷物は増える一方。

こんにちは。imoimoです。

ここ最近、DAWは無料版でもバッチリ役に立つ様になりました。

DOMINO一択気味だった無料DAWは、キーボードやオーディオインターフェイスのオマケでついて来るものではなく純粋無料一般公開のDAWが出揃ったので、何も買わずとも選べる様になりました。

主な無料一般公開DAW

Cubaseの開発チームが立ち上げた会社のもの。現代のPC操作の感覚と馴染んでいて快適です。

ダウンロードファイルが本体の他に4本あって、これが結構でかいので腰を据えてダウンロードしましょう。

このぺージで、インストーラーをダウンロードしてインストールした後、下にある4つのファイルもダウンロード。

廃盤の危機があったcakewalk SONARをシンガポールのお金持ちが買い取って無料公開したもの。歴史あるオールインワンDAW。使い勝手はクセが少なく快適。

クラウド保存が基本の無料版pro tools。弾いて作る人には最適なDAWと言われています。いわゆる業界標準。

個人的には、iLOK(ここからライセンスマネージャーがダウンロードできます)必要だったり、保存できるプロジェクトが3曲とかどうも相性が悪いので放置していたら、Windowsのupdateの影響か起動しなくなっちまいました。

いずれもデモ版とかではなく、バンドル品でもなく普通に使えます。そう考えるとREAPERはピンチですね。

VSTHostをメモ帳代わりに使う

キーボードもつながず、基本無料、ノートPCオンリーで製作しようとすると、DAWでは面倒な場面もあったりします。コンビニ行くときにはフェラーリじゃなくて軽を使いたいのと同じかな。もっとも、フェラーリ持ってないし免許すらありませんが。

例えば…

  • ちょっと試したいVSTがある時
  • 同じ実機のエミュレータ―がいくつもあってわけわからなくなる時
  • 同じ用途のエフェクターを比較したい時
  • シンセの音作りに手間取りそうな時
  • サウンドフォントを色々試したい時
  • レイヤーでシンセを重ねて音を作る時
  • 名前から内容が想像つかないVSTがある時

きちんと普段から整理整頓しておけば良いのでしょうが、まあ現状はゴッチャゴチャ。

そんなときにimoimoは今もVSTHostを使っております(ダウンロードはこちら)。

多機能過ぎて使いこなすのは諦めておりますが、手軽に使えるメリットがあります。

  • [File]→[new plugin]から、簡単にVSTを配置して結線・発音できる(赤いポッチがMIDI、青いポッチがsoundのI/Oです)。
  • PCキーボードで音が簡単に出せる。
  • [plugin]→[Save Program as]でエディットデータ(*.fxp)を手軽に保存できる。
  • [Performance]→[Save as]でパッチしたデータを名前付きで保存できる。

ので便利なんです。

  • 「あのエミュレータ、名前何だっけ」とか「あのコンプ、なんて名前だっけ」て時に、VST-HOSTに名前を付けて登録しておくと便利
  • 同じ系統のシンセはひとまとめに登録しておくと比べ易い
  • sforzandoを入れておいて、サウンドフォントをどんどん切り替えて試せる
  • 手軽にシンセのエディットを試せる

VSTHostは本来、シーケンサやレコーダーもあって細かい事まで色々やれるものなのです。ところが割ととっつきづらいのと、比較的フリーズしやすいので曲作りには不向きです。長所は実機を結線して音を鳴らす感覚で色々試せるところで、DAWをいじる事なくちょちょいと小さな作業をやる感覚で使えます。DAWでも同じことはもちろんできますが、それぞれ適材適所で使った方が良いかな、と思うわけです。

世の中進んで、使う人減っていそうですが。VSTHost、今こそお薦めです(通販ぽくなってしまいました)。

そんなこんなでお粗末様でした。

 

-DAW/VST
-

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.