ぐるぐる悩めるストリングス

ガラッと変えようにも今まで通りを希望と言う周りの圧力は相当なもので

こんにちは。imoimoです。

旧作を手直ししようとやっております。今回引っ張り出したのは2年前のREAPERプロジェクト。

REAPER

主に海外で評価の高い軽量総合DAW(→ダウンロード)。

タダでも使えますが基本的にドネーションウェアです。払ってね。

ストリングスセクションを追加しようとやっておりますが。

タダのもので勝負しようと言うのがいけないのか。はたまた実力があまりに足りないのか。

美しいストリングスと言うものをこれまで実現できた事がありません。

そんなこんなで「悩めるストリングス」の話が毎度毎度やってくるわけです。

今回はマルチ音源を使おうとSampleTankのストリングス系の音を使っております。

SampleTank

有名な総合マルチ音源(→公式ページ)。

使っているのはver.3ですが、ver.4になって無料版は無くなってしまったみたい

2020.3.15追記

Ver.4にも無料版出ました(→ダウンロード)。

奏法を切り替えたりレイヤーしたりで、ストリングス一つに8トラック使ってしまいました。

低速ノートPCにとって、サンプラーが8つ動くのは結構な負担の様でして。

既に止まったり遅れたりガリガリ言ったりが発生しております。

仕方がないので

まとめてフリーズさせようかと思いましたが。

音決めの時に解凍するとまたフゥフゥ言ってしまいそうなので、いっそのことオーディオに置き換えてしまおうと思います。

スッカスカの譜面のまま変換するのも効率が悪い気がしますが、動かないんじゃあ仕方ない。

と言うのも

SampleTankのストリングスは美しい音ですが、品が良すぎるのでして。今回はもう少し荒い音も欲しいところ。

となると、他のサンプルをSforzando(→コレ)で鳴らすとか別の音源を挿すとかがやりたくなります。

やっぱりVSCO-2(→コレ)に戻そうかなぁ…

このままプラグインを増やして行ったら、待っているのは確実にプロジェクト崩壊。

プツッと強制終了して読み出せなくなるのが目に浮かびます。

そんなわけで、大人しくオーディオに変換する事にしました。

でもそれは明日にしよう、と。

結局有名音源でも負荷に耐えられないなら、一つずつ別の音源で作っても同じ手間。無駄だったかもね。

そんなこんなでお粗末様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました