UI Standard Guitarでメロディー

人生最高にマスクをしておりますが。不織布も毛羽がある気がしてかえって喉がチクチク

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回はギターでメロディーを入れようと思いますが…

何しろギターはガチで弾けません。完全なる妄想で打ち込んで行こうと思います。

使う音源は

無料のサウンドフォント、UI Standard Guitar(→ダウンロード)。

キースイッチで多彩な奏法を切り替えられます。ミュートやハーモニクスはもとより、チョーキングやハンマリングもOK。

奏法がたくさんあり過ぎて、リアルに妄想しなくてはなりません。

もっと手軽なのはSuperRiff Guitar(→ダウンロード)だと思います。

これまたタダだし、奏法もサスティン・ミュート・ビブラートの3つだけでシンプル。

単体では少しか細い音ですが、アンプシミュを通すとパワフルになります。

発音域とかも少しアバウトなので上の方の音を混ぜてハーモニクスぽくしてみたり、ゲートを超短くしてピッキングノイズみたいにしてみたりと工夫のしがいのある音源です。

難点は、32bit版しか無いことと、ダブルトラッキングを作りづらいこと。あえて言うとちょっと田舎っぽい事かしら。

そんなわけで、最近はすっかりUI Standard Guitarでして。何しろ弾けないし金もかける気がないので事実上一択なわけです。

以前Heavier 7 Strings(→製品ページ)のお試し版をいじってみたけれど、高機能でハイレベル過ぎて挫折しました。

下手の横好きバンドに激うまギタリストが参加した様な状態で、お互いに不幸。

そんなわけで有料音源恐怖症にもなりまして、UI Standard Guitarのお世話になりっぱなしです。

リフはできているので、今取り組んでいるのはメロディー部分。

トラックを2つ使います。

一つ目に

プレイヤーのsforzando(→ダウンロード)を挿して、

UI Standard Guitarを読ませます。

ストンプやらアンプやらを繋いで、こちらがメロディー担当のトラック。云わば左手担当です。

二つ目

のトラックは、出力先を一つ目のトラックにして。

こちらにはキースイッチを入れて行きます。云わば右手担当。

一つ目のトラックにはE2辺りからE5辺りまでの発音域でノートを入れて。ゲートやベロシティを入れます。

二つ目のトラックは音域外、主にC1辺りに短いノートを置くようにして、奏法を切り替えます。

たまに上の方の音域外も使うけど、大体はC1(ダウンピッキング)とかD#1(パームミュートのダウン)などを使います。

音が出るちょい前に設定したいのでフレーズよりも少し手前に配置して行く感じ。

スクラッチ

とかのノイズ系は、音域外にあるけれども後々ワケ分からなくなるのでノートと同じ一つ目のトラックに入れております。

どこまで

ピックを入れるのだろう。

遠い昔、イングヴェイさん(→【yngwiemalmsteen.com】)とか

インペリテリさん(→【impellitteri.net】)が

出て早弾き全盛の頃には、ギター小僧がこぞって指が消えるのを争いました。

この方や(→Steve Vai

この方の(→Slash)若かりし頃ですかね。

その後、速いのは当たり前になって。もっとスタイリッシュな方がウケる様になった頃。

作曲家になったギタリストの友人に早弾きの話をしたら「あぁ。ピロピロ弾きね」と鼻で笑われて。成程ぉ。言い得て妙。

当時のギター小僧は大半、ほぼピックを入れずにやっていたのね。そりゃあ労力は半分。すぐに早くもなるかぁ。

たぶんエフェクターとかアンプの進歩のお陰もあったのかも知れません。まあガチで弾けませんので100%僻みですが。

もう少し先輩の山本恭司さん(→【kyoji-yamamoto.com】)が

NHKか何かでギター教室をなさっていた時は、

速い深い全挿入の三拍子。がっつり全音ピックが入っているのに衝撃を覚えた記憶があります。これがホンモノかぁ。

とは言え、全部入れれば良いと言う物でもなくてピックを抜くべき時は抜くべきだろうし。

音を繋げてみたり切ってみたり。ここはダウン?アップ?みたいに妄想したり。

わずか1小節内のフレーズにも四苦八苦します。

はぁ…ゼッタイ弾いた方が早いっ!!

そんなこんなでお粗末様でした。

【宣伝広告なんちゃって】

やっぱ、ギタリストの方はかっこいいですねぇ。

まったくカッコよさの無いimoimoも登録しているストックサービスがありまして。

著作権フリーの商用音楽ストックサービスAudiostock。

imoimoの作品はともかく。カッコ良い作品が沢山あります。販売する方は登録無料。使う方には月額制やお試しもあります。

作る人も、使う人も、登録する時には招待コードを使うとちょっとお得。

imoimoの招待コードは

v1FZoMkq2uDg

です。誰のコード使っても同じですけどねっ。

【以下ちゃんとした広告】

コメント

タイトルとURLをコピーしました