新ドラマー加入なの?

春でもないのに。寝ても寝ても眠たいのは途中でトイレに起きるからかしら

music.jp

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回は久しぶりにバンド形式で作ろうかなと思いまして。最初のトラックにはギター音源を挿しました。

バンド形式で作る時のメンバーは結構固定されておりまして。

ギターは

UI Standard Guitar(→ダウンロード)さんが二人。

ベースが

Ample Bass P Lite II(→ダウンロード)さん。

キーボードが

DB-33(→製品ページ)。

有料プラグインじゃないのっ、と言われそうなので無料ではHaNon B70(→ダウンロード)。

要するにメインはハモンド。

ドラムはずーっと不動のMT-POWER DrumKit 2(→ダウンロード

でやって参りました。

たまにゲストが来ることがありまして。

ギタリストにもう少し操作のカンタンなSuperRiff Guitar(→ダウンロード)を呼んでみたり。

SuperRIff Guitar

手軽だけど32ビット版のみです。

音は作り込まれていますがアンプを通す方が良いと思います。

ピアノさんのPiano One(→ダウンロード)を呼んでみたり。

リズム隊は

そうそうチェンジが無くて。と言うかギタリストもキーボードも固定メンバーか…「弾かない」「歌わない」と決めているからヴォーカルもいないしね。

それでもたまには他の人と共演してみたいよね、とSean Pandy Drums(→ダウンロード)とか

シンバルが無いから別途Cymbalistic(→ダウンロード)もいる感じで挫折。

DrumMic’a!(KONTAKT用。Zennheiser)とか

超有名でしたが、ついに公開終了となりました。

Druminator(Audio Assault)

こっちも公開終了みたい。

はたまた八百屋さんに挑戦したり

TR-808の無料エミュレータ、RVK-808(→ダウンロード)。

低音は太め。

と色々ありましたが、結局ドラムはMT-POWERさんとなっております。

どうしてだろう。

  • 音色は1種類でカンタン
  • パーツごとにパラアウトできるからド素人にも優しい仕組み
  • 結構パワフル

つまりはドンピシャ必要十分、て事かしら。

でもね。

今回は久しぶりのバンド形式なんでちょっと冒険したくて。試しにメンバーチェンジすることにしました。

Steven Slate Drums 5.5

フロアタムが2本のパターンね。

それにしても。

ドラム、って不思議だなと思うのです。

亡くなったチャーリー・ワッツさんみたいにワンタム・ワンフロタムの人がいたり

アレックスみたいに脚は2本なのにバスドラが4つもあったり。

果てはテリーさんみたいに要塞な方もいたり。

どうみても3人前か4人前(【Terry Bozzio.com】)。

でも、カッコよさとか表現とかはセットに比例しない所が不思議。

とにかく。MT-POWERさんよりもフロタムが1本多いて事は分かりました。

有料のドラムプラグインですが、無料版もあります(→ダウンロード)。

と言うわけで、とりあえずダウンロードして新規作成トラックに挿しました。

どんな感じかな?

でも鳴らすのはまた明日。

そんなこんなでお粗末様でした。

トレファク引越

コメント

タイトルとURLをコピーしました