間をおいてみたら

うーん和牛。やっぱりハンバーグよりステーキ向きな気がして

music.jp

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

何事も長続きしないもんで、一つくらいはとブログの週六更新を課しております。

そうそう毎日ネタが有るはずもなく。日々のてきとーっぷりが引き起こすトラブルを記録する事でどうにか続いております。

それでもちょいちょい途切れるわけでして。今回は引っ越しでどうにもこうにも中段しておりました。

荷物もあらかた片付いて、環境も復旧して。数日ぶりにプロジェクトを開きました。

今回はゆったりめの曲を作ろうと言うものでした。

ピアノにベースとドラムを添えて、色付けにストリングスを入れたのでした。

そうそう。メロディー入れよう、てんでフルートとシンセも入れたんだっけ。

すっかり忘れていたので、アタマから聞き直してみました。

あっれぇー?

こんな曲だったっけ。他人の曲みたい。

確か4拍子に収まらなかったり、謎のコード進行だったりと破茶滅茶だった気がするのですが意外とすんなり聴けるじゃない。

作っている本人は色々とイメージとズレたり辻褄が合わなかったりとくよくよするのですが、他人事の様に聞き流すと意外と違和感は無いようでして。

人間そんなものの様です。数日前の自分ですら最早や他人。

製作が行き詰まった時は、こうして数日空けるのも良いのかなぁと思いました。

もっとも、行き詰まっている時に数日空けたら別の曲作り始めそうだけど。

ノリノリでババーッと作った時には一晩空けて聴き直すと冷静になれて良かったりもします。

こちらは逆に色褪せて聞こえるのだけど。

今回は間を空けて良かったかなぁと思えた方。

メロディー用のシンセはちょっと無いかな、とか反省点もあって。何じゃこりゃ…

そうでした。レトロなシンセを入れようてんでOB-Xdを使ったのでした(→ダウンロード)。

今風なシンセにしてみようかしら、と言う事でもう一つトラックを作ってVitalを挿してみました(→ダウンロード)。

無料版ね。

しばらくいじってみましたが、間を空けすぎたせいかシンセの音はアイデアが無い様です。

折角作業再開したのに1音も増えないままに壁。

先にアコギ入れようかな、と滅多に使わないアコースティックギター音源をガサゴソ。

Ample Guitar M Lite IIを挿しました(→ダウンロード)。

普通に音源としても使えますが、キースイッチで切り替えながらジャンジャカ弾きをやってくれる機能がウリです。Strummerと言う機能。

とは言え、Ample Guitar自体滅多に使わないんでStrummerの設定は敬遠しつつおとなしくMIDIノートを置いて行く事にしました。

もう十分にアコギですよ。綺麗な音。

ワンタッチで二人ギターにもできます。

でもね。付け焼刃ではなかなかうまく行かないところもあって。

ポジションの取り方の指定をわかっていないもんで、音符配置によっては音が鳴りません。

あぁ。ちゃんと使い方を調べてから使うべきね。

でもそれは明日以降、て事で。

そんなこんなでお粗末様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました