銚子に乗り過ぎかも

スポンサーリンク

焼肉が食べたいのよ、て言いっ放しで結局食べず

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回はとにかく気楽に作ろうと言う企画。その割には苦戦しております。

先に基本的なパートを一通り合わせてみて感じをつかもうって事で、ワンコーラス分のクリップを膨らませています。

ギター・ベースにシンセを付けて、今は二人目のギターを入れている所。

二人が左右に分かれて同じリフを弾くのも良いけれど。折角だから別々のリフを組み合わせようと思います。

そんな事言ってもねぇ。元々一人用のリフで作り始めたから、もう一人はどうしたって遊びムードになっちゃうのよ。

まだ世の中レコード(最近はビニルて言うのかしら)だった頃。

ごそごそと”Lazy”(/DeepPurple→YouTube)とか架けて、一緒に弾いて悦に入ったりしてたっけ。

ギターはガチで弾けないし、ハモンドなんて買えなかったから伯母から貰ったエレクトーン。

ピアノだとグリッサンドで指から血ぃ出て痛いのよ。

練習大嫌いの小僧がジョンの通りになど弾けるはずもなく、好き勝手弾きなのでした。真面目にコピーしていれば少しは上手くなったかもねぇ。

どれもアルバムだから、片面で3・4曲くらい続けて弾くことになるわけで。なりきり妄想ミニライブみたいなもんです。教室でモップ持ってハウンドドッグの真似してるのとおんなじよ。

【DiskGarage.com】

CDの時代になってから、イングヴェイさんがカヴァー曲ばっかりのアルバムを出して。

これこれ。”Inspiration”(→YouTube →Amazon)。

アンチな評論家の方々からは、家で独りでレコードかけながらやれっみたいに酷評されていたけれど。個人的には好きでした。

そうだねぇ。当時はイングヴェイって口にすると何か馬鹿にされる風潮があった気がします。

その点、メガデスはいわく付でデビューした割には最初からずーっと高評価だね。

あ。途中迷走したか…

原曲をいじり過ぎない所がかえって好印象。

もっとも。一曲めがKansasの”Carry on  Wayward Son”(→YouTube)で無かったらそうでもなかったかも。

…なんだっけ。

そうそう。二人目のギターの人はどうしても一人目のリフの上でちょっとふざけた感じのクリップになってしまいまして。

最初の内はまだリフを少し変形しただけみたいな感じでやっていましたので、あぁ二人ギターなのねと言う流れでした。

サビ前辺りからやっちまいました。

一人目がジャーーッデデッデデデみたいに真面目に刻んでいるのにタップ入りアルペジオでピロリロピロリロ。

あのね。今作っているのはバッキングなの。遊び過ぎと言うか自己主張強すぎ。

しかも。リフはシンコペーションで食って入っているのに普通に1拍目から弾き始めております。

アタマを冷やしてやり直そう。

そんなこんなでお粗末様でした。

BGM・効果音 使い放題 定額制スタンダードプラン Audiostock

へぇ。大友康平さんて元旦生まれなんだ(→Wikipedia)。

個人的には人生3人目の元旦生まれ。

曲作り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
imoimoをフォローする
スポンサーリンク
ボケないためのDTM

コメント

タイトルとURLをコピーしました