ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

むかしばなし

最初のヒーローは稲田保雄さん

更新日:

あなたの最初のヒーローは誰ですか。アーティストの稲田保雄さんが私のファーストヒーローです。テレビや映画や本の中だけではなく、目の覚める様な体験で勝手にリスペクトしちゃう出会いもあるものです。

こんにちは。imoimoです。

遠い昔、CS-10を手に入れたものの、冨田勲先生の様な音は全く出ず、ちょっとしょんぼり気味だった私は、不良品じゃないの?ぐらいに責任転嫁しつつ、YAMAHAで実演セミナー的なものがあるのを知って出向いたのでした。

そこでCS-10やハモンドをスタンディングでがっつり弾いてみせてくださったのが稲田先生でした。名前も知らなかった私ですが、稲田先生が人生初の生で見たアーティストでした。既に解散していたので写真でしか見たことのないジョン・ロードやキース・エマーソンが目の前に降臨した様な雷撃でした。母がピアノを弾けたので、かしこまって椅子に座ってシューマンとか弾くのは見たことありましたが、実在するロックとの初めての出会いでした。超かっこいー。

稲田先生を見て、シンセは弾くもの。と言うかキーボードと言うジャンルがピアノとはまた別にあるのだぁ、と実感して、遠いアメリカ(当時は今でいうと天竺ぐらいの距離感でした)にあると言う伝説の存在ではなく、現実にあるのだ、と知った出会いでした。もっとも、ジョージ紫さんや、ミッキー吉野さんはとっくにバリバリやっていたので、自分が知らなかっただけなのですが。

こうしてキーボーディストになりたい!と思った少年imoimoでしたが、いかんせん練習は大嫌い。どのくらい嫌いかと言うと母のピアノ教室を、「盲腸のため退会します」と届けて辞めた実績があるくらいですからね。そんなこんなで今でも何としても弾かないで何とかしようとしている訳です。

と言うわけでお粗末様でした。

-むかしばなし
-

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.