ベースもアンプ通したい

一番上の猫仔はトイレで出かかったウンチを玄関までぶら下げて行って完了

カリカリマシーンSP】

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回は景気の良いものを作ろうと言う事でして。ギター・ドラム・ベースができた所。

ギターは打ち込みですが、取りあえずオーディオにレンダリングしました。

なにしろ低速ノートPC一本で勝負してますので、マメにプラグインを止めないとすぐに負荷がギブアップとなるのです。

ベースも

打ち込み。なにしろ「弾かない」「歌わない」が基本姿勢ですので。

今回のベースさんはレギュラーメンバーの無料音源、Ample Bass P Lite IIです(→ダウンロード)。

そのままでも十分にブリッとした骨太のベースです。でもド素人あるあるで何か一手間加えたいのよ。

と言うわけでアンプを通す事にしました。

ベタに無料のアンプシミュにしよう、と言うわけでAmpliTube Custom Shop(→ダウンロード)。

ギターのイメージが強いAmpliTubeですが、そこは大手メーカー。ちゃんとベース用もタダで用意してくれています。

先日Ver.5が出ましたが、imoimoは永らくVer.3を使っておりまして。

流石に恥ずかしいから今回はVer.4を挿しました。

どうせなら最新版使いなさいよ…

ちなみに、AmpliTube Custom Shopは結構リニューアルしております。

グライコが付いてるぅ!!とかね。

見た目は気持ちOVERLOUDとかに似てきた気がします。

AmpliTubeは

2系統のストンプからアンプ、ラックエフェクターまでのセッティングを様々にパッチできます。

二種類の音作りをミックスするとか、切り替えるとか。はたまた長大な構成にするとかもできます。

とは言え、タダで勝負しておりますので買い足さなければそんなにパーツもありません。と言うわけで普通に1系統だけを使います。

Ample Bass P Lite IIから出てくる音は、ちゃんと作られた音なのでそのままで良い気もしますが。何かやりたい、と言う欲望に克てません。

まずはストンプだよね。

コンプとEQ。タダではそれぞれ1種類ずつだから選択の余地なし。

何となくでフランジャー。

次はアンプ。

見た目的には2種類くらいしか出てこないけれど、設定でタイプを変えられます。

その後にスピーカー。キャビネットて言うのね。

キャビネットは1種類ですがマイクはSM57もコンデンサタイプも使えて部屋のタイプやマイクセッティングができます。

と言うわけで殆ど選択肢が無いのがタダでの限界。

こういう選択肢の無さはGuitar Rig Playerでも同じで、お金を使う気でないとなかなか醍醐味は味わえない様です。

そんな大手と比べて無料のギター総合FX、ToneLib GFX(→ダウンロード)は何種類もパーツが入っていて数段楽しいです。

まあ今回はAmpliTubeで続行と言う事で。

ストンプからスピーカー迄一通り通したつもりで、お次はエキサイター。

無料のLa Petit Exciteを少しだけかけました(→ダウンロード)。

その後でシャキッとさせたいのでトランジェントシェイパー。

やはり無料のTranspireです(→ダウンロード)。

…と、ここまでやったところでオーディオにレンダリングしました。

明日からは、二人目のギターさんにようやく取り掛かれます。

そんなこんなでお粗末様でした。

LikeSweetsBOX

コメント

  1. shirataki より:

    IKのblack 76とりました!?2月の初めまで確か無料ですよ。
    時々あるやばい無料配布が熱いですね。

    まじでコツコツ続けられるのすごいなあと思います。たまにちらっと見に来てます。記事楽しみに見ています。お元気で。

    • imoimo より:

      こんにちは。
      情報ありがとうございます!
      コツコツと言うよりはだらだらで恐縮です。
      また遊びに来て下さいねっ

タイトルとURLをコピーしました