いくら何でもAudiostockの審査に通らない方法

たまぁに行くけど。吹きっさらしに木の椅子でハンバーガーとコーラ2,500円也はやっぱ高いと思うのよ

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

てきとーだろうが何だろうが、出来上がったら見せびらかしたくなるのが人情ってぇもんでして。

この頃はYouTubeとか配信アプリとか、手軽に見せびらかせる世の中になりました。

YouTubeはどうも色々と手間が掛かって。すぐパスワードとか失くしちゃうから放ったらかしのアカウントが死屍累々。

配信代行とかも色々あるけれど、おカネが掛かるものが多くて。そんな大袈裟じゃない方法は無いかしら。

と言うわけで、この頃はAudiostockさんのお世話になっております。

Audiostockは

ロイヤリティフリーの音楽ストックサービス(→【Audiostock.jp】)。

今見たら70万点を突破していました。

映像作品やゲーム、配信、イベントに使うBGM素材を定額制や単品売りで提供しています。

最近は配信サービスとのタイアップもやっていたり、と拡大中なのね。

こちとら音楽を作る側なわけですが、クリエイターさんは登録無料。売れた時にはバックもあります。

管理画面がしっかりしていて、

お知らせも丁寧に送ってくれるのでズボラなimoimoには有難いサービスとなっております。

世間では「チャチャッと登録してガンガン稼ごう!」みたいに言われておりますが。

Audiostockにはね、登録に審査があるのです。曲ができても、そもそも審査に通らなくちゃ始まらない。

審査、て言う言葉自体ビビるものがあるしね。

それは審判(”Giudizio Universale”/ミケランジェロ)

遠い昔、まだまだライブハウスは紹介&デモデープ必須だった頃。最初に持ち込むのは結構勇気が要りました。

初めてのオーディションでの「じゃ、やってみて」みたいな時の気の遠くなり方とか、現代の人でもやっぱりそうなんじゃないかと思うのです。

結論から言うと

審査、怖くない。

です。

なぜならば

  1. みなさん物凄く優しいです。
  2. このimoimoですら通ります。
  3. 仮に落ちても怒られません。

身を以て確認した結論です。

でもね。

てきとーな性格だからか、腕が悪いからか。最初はimoimoも落ちまくったのです。

やっぱり商用BGMだから、変な曲はダメだよねぇ。と考えておとなしーいものを応募しました。

しばらく経ってメールが来て。

こんな感じ。「品質が基準を満たしていないため」見送りだってっ。

「基準」て何よ??と言う話になるわけです。

一応、規定みたいなものがあって。

  • アタマの無音部分は0.3秒くらいに
  • ノイズやクリップには気を付けて
  • パクリはダメ
  • 確かボカロもダメ
  • 長すぎるのもダメ

と言われております。

実際、ノイズを指摘された事もありました。

「もしも表現の一部なんだったらごめんね」みたいな気の遣われ方で指摘を受けました。

まあノイズでしたけどねっ。

とにかくこのくらい皆さんとっても優しいです。

じゃあどうして審査通ったのか、て言う話になるわけですが。

正直理由不明です。

ひとつだけ

確実な事は、「通るまで応募し続ける」事みたい。

imoimoの場合、落ちまくって「審査通過なんて都市伝説だよ」と思い始めた頃にひょっこり通過しました。

そんな第一号がコレ→【audiostock】

その後はてきとーでも何でも審査通過する様になりまして。ツンデレなの??て感じ。

そうなると今度は何とかして審査に落ちてやろう、とあの手この手を使うようになりました。

目出度く審査に落ちたのがコレ→【SoundCloud】

聴き比べてみて下さい。

…ねっ。品質の基準が不明でしょっ??
あぁ。やっぱりフル打ち込みなのにドラム二人とか言う無意味な事がお気に召さなかったのかしら。

とも思いましたが、現実的に推定するに

ドラムの刻みからフェードインした事がいけないんじゃないかと思います。

とすると、審査通過のコツは「いきなり本題」かも知れません。

もう一つは、審査期間がこの頃短くなって来ていて。

以前は2週間くらいかかっていましたが、先日応募したものは二日で結果が来ました。

きっと事業も拡大なさっているし、社員さんも増えているんじゃないかしら。

コンテンツ需要が増えているから品質基準も緩くなっているのかもね。

それなら今は狙い目かもっ!!と言うお話。

そんな中

今回作っていたのは、何十年ぶりかの酷い出来だと思う曲でして。

半ばあきらめ気味に完成にしてしまったのです。

ま、一応出来上がったし登録しておこうと応募しました。

何しろ自分で管理しているとすぐどっか行っちゃうしね。

原盤のマスターテープも失くした事があるくらいですから。

流石に今回はダメでしょう、と登録して二日。

あらま。通っちゃいました。

それがコレ→【Audiostock】

えっ!?大して違わない?

ま、目くそ鼻くそて事で。

そうなると、どうしてこれは落ちたのか…→【SoundCloud】

ま。気にせずどんどん作りましょう、と言うのが審査通過のコツ見たい。

売れるかどうかはまた別だけどね(imoimoでもちょびちょびは売れます)。

そうそう

確実に小銭ゲットできるお話としては招待コードがあって。

登録する時に、招待コードを使うと300円貰えます。

最初のギャラを貰う時の振込手数料かしら。

imoimoの招待コードはね

v1FZoMkq2uDg

て事で。誰の招待コードでも同じです。

そんなこんなでお粗末様でした。

INDEX

毎日愛眼

コメント

タイトルとURLをコピーしました