メンバー増やそうかな

彼岸花、て人気あるのかぁ。どうも取り憑かれそうで苦手

やっぱり。毒あるぢゃん(→【じゃらん】)。

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回はコンパクトでシンプルにバンド形式で作ろうと言う事でして。ギター・ドラム・ベースの3人で一通り出来上がりました。

Creamになれるはずもなく(→【Eric Clapton】)。

クリームと言えばWhite Room??(→YouTube)かしら。

White Roomと言えば、チャーさんと鮎川さんのビデオも見つけたの。ドラムはシータカさん。ベースはルースターズの井上さんなのね(→YouTube)。

鮎川さんやっぱデカいなぁと思ったけれど、布袋さんの方がもっとデカいのね。

更にでかいのはコブクロの黒田さんかぁ…

…なんだっけ。

初めのうちはノリノリだったのですが。行きあたりばったりな製作はどうしても何度となく聞き直しながら作る様になるわけでして、段々つまらなく聴こえる様になって来ます。

客観的に聴ける様になった、と言う事だとは思いますが。それにしてもギターがあからさまに打ち込みだねぇ。

ド素人としては、だからと言ってむやみに弄くると逆効果。グルーヴ設定とか変えてもロボ感は拭えません。

てきとーな打ち込みでトリオ曲を作ろうってぇのが無謀かしら。ごまかしが利かないものねぇ。

弾けば

良いのに、と言われそうですが。ガチでギターは弾けないのよ。そんなわけで「弾かない」「歌わない」を基本としております。

ループとかサンプルにも背を向けて、ちまちまとMIDIノートを並べて作っております。

それでも、ベースやドラムは少し細工する事もあって。

例えばベースラインは黒丸そのままでは無しにちょっとシャッフルぽい弾き方にしたり。

ドラムもキックでドドパンッてやる時のドドは少し溜めたり。ドドドも単純な三連符では無かったりとやってはおります。

ギターリフは更に難しいなぁ。

ギターの人、て皆んなせわしなく右手の位置を変えたりビックアップを切替えたりするよね。

打ち込みでこう言うのをやるのは大変でして。せいぜいミュートとかスライド使ったり、長さやベロシティを変えるくらい。

あんまりタイミングを変えると後々ワケ分からなくなるから、音符をずらすのは敬遠しております。

リフが

単調でつまらん、と言う事も見えて来まして。要するに駄作て事かぁ…萎えるねぇ。

でもね。そんなに名曲がポンポン作れるなら今頃こんな事やってないわけでして、実力よ。このまま続けようっと。

トリオで突っ張るなら、もう3人分できちゃったから後はミックスするだけ。あまりにもつまらないですな。

やっぱりもう一人呼ぼう。ギター二人にする事にします。

ギターを二人にすると、きっとキーボードも呼びたくなって。あっという間にトラックは10本近くになりそう。

まぁ仕方ないかな。馬子にも衣裳。つまらんリフでも味変しながらなんとかごまかす事にします。

その前に

ベースさんをアンプに通しておこう。と言う事でAmpliTubeの無料版、CustomShopを挿しました。

有名なアンプシミュレーターコレクションです(→製品ページ)。

CustomShopは無料で、欲しいものだけをバラで買い足せると言うバーチャルお茶の水みたいなアンプシミュ。

無料のままでも1種類はベースアンプとキャビネットがあります。もうね。ド素人だしこれで十分。

基本パーツはそんなに変わっていない気がするけれど、バージョンが5になって使い勝手は結構変わりました。パッチは組みやすくなったけれど、Ver.3とか4の方が見やすかった気がします。

ベースはダイレクトの方が良い気もするのですが、何となくAmpliTubeを通すと生音っぽい印象になる気がしております。遠い昔はライン録りしていたクセに現金なもんです。

ダイレクトも少し混ぜながら、低域をブリッと拾って高域だけ別回路で少しルームエコー強めにして鳴らしてみました。

…何か良いじゃない??

ゼッタイ単純に音量が上がっただけよ。

そんなこんなでお粗末様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました