悩めるギターアンプは続く

スポンサーリンク

奮発して和牛のひつまぶしを頼んで。間違えてお櫃ごと行っちまいました

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今はプロジェクトを新しく作って、何をやろうかなと考えている所です。

取り敢えずギターの音源を挿しましたが、アンプで悩んで昨日は終わりました(→【昨日の話】)。

買っちゃおうかなぁと一日中迷った挙げ句、買わない事にしましたが。じゃあ無料のアンプで何を挿すか、てぇ話が残ります。

世間では

タダなら取りあえずGuitarRig Playerにしなって言う風潮を感じます(→ダウンロード)。

ド素人にも親切で、どのプリセットも失敗がありません。有能な家電みたいな総合FX。

でもね。性根が捻くれ曲がっているので敬遠。

じゃあ西の横綱AmpliTube Custom Shopは?と言う話になりそう(→ダウンロード)。

セレクトショップの見本版みたいなものだから、バリエーションは少なめ。そしてちょっと玄人好みの音な感想なのです。と言うわけで敬遠。

Blue Cat Audioには無料でクリーントーンが出せるアンプシミュがあるよっともオススメされております。

Blue Cat’s Free Amp(→ダウンロード)。

ストンプ類は無いけれど、アンプは3種類。IRデータも読めるし、さすがはBlue Catさん。高評価を得ております。

でも何だかオシャレだから敬遠。

じゃあもっといかにも無料ぽいヤツは?とVoxengoのアンプシミュが二種類。

Voxengo Tube Amp(→ダウンロード)。一言もギターアンプとは名乗っておられません。オーバードライブね。

こっちはアンプとキャビネットが揃ったBoogex(→ダウンロード)。ゲートとリバーブも入っているからギターを繋いですぐ鳴るよって言う仕様。

悪くないんだけど、敢えてこれにする理由が見つからなくて敬遠。

大したことやらないくせに迷うなってぇ話。

じゃあもう専門メーカーだってんでIGNITE AMPさんを頼ってEmissary(→ダウンロード)。

IGNITEさんのアンプ、て歪むよねぇ。

リードとサイドとか、一台で二役や三役設定できたりと実戦的なアンプが無料。ガチで弾けないimoimoにはちょっと骨太過ぎかも。と言うわけで敬遠。

あ。でもここでIRローダーのNAD IRをゲットしたのです。

万能キャビネットをゲットした様なもんです。

代表的なマイクセッティングのIRデータも付いてくるし、大助かり。

ガチで弾けないimoimoとしましては、IRデータは正直鳴らしてみるまでどうなるか見当もつきません。おかげで探すのになかなかやる気が出ないのよ。

この間まで

よく使ったAmped Rootsの無料版で良いかしら(→ダウンロード)。

見た目の通りこの方プロデュースのアンプ系の音ね。

メーカーサイトはこちら→【evhgear.com】

普通にカッコいい音で鳴ります。そこがなんだかGuitarRigぽくて甘やかされている気になるのよ。

と言うわけで今回は敬遠。

昔流行ったLePouさんのアンプにしようかしら。

例えばLE456(→ダウンロード)。

LePouさんは開発やめちゃったみたいで、Plugins4Freeで探すしかないみたい。

それならばいっその事、てんでNickCrow Labさんを挿しました。

8505 Lead(→ダウンロード)。

Peaveyの6505(→【Peavey.com】)のエミュレータなんだってっ。

5150の後継機種だから、Amped Rootsと同じ系統だよね。結局そっち系から出られないって事。

へぇ。2013年リリースのプラグインなのか…息が長いですね。本チャンのアンプみたい。

長いと言えば。

この方も息長いよね。1965年だもの(→【Fender.com】)。もうじき還暦ね。

うん。これにしよう。

理由はなんかシブいから。

そんなこんなでお粗末様でした。

おとなしくGuitarRig Playerで良いのでは??

LikeSweetsBOX
DAW/VST
スポンサーリンク
スポンサーリンク
imoimoをフォローする
スポンサーリンク
ボケないためのDTM

コメント

タイトルとURLをコピーしました