ベースさん出番です

スポンサーリンク

突然の大雨。電線の上に取り残されたずぶ濡れの鳩はどうなったやら

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

今回は半世紀ぐらい前に作った曲のメロディに、全く違うバックを付けたものを作ろうと言う企画です。

昔のメロディが何か優れていたわけではなくて。ただメロディを考えるのが億劫だっただけではあります。

アレンジとは言えない程の別物にしようと意気込んでおりますが、これはこれで結構難しいのね。

どうにかギターのトラックがワンコーラス分できまして、ドラムもそれなりに付きました。

ドラムの前に作ったほうが良かった気もするけれど、そろそろベースの出番かしら。

ベースは

もうずーっとこの方。Ample Bass P Liteです(→ダウンロード)。

無料のベース音源は色々あるけれど、ブリっとした音に安定感があります。アタックの感じや歪み、ノイズの強さとかも調整できるのね。

ベロシティで音色もじわじわ変わるけれど、Vel:127にするとバシッてチョッパーしたみたいな音になります。

イントロでギターは暑苦しい8ビートのリフ。

ズズデッデレ・ズズズデッデレとやっております。

ドラムはカウベルをポクポク叩いたりして結構能天気。ベースも遊んじゃいますか。

というわけで、ベッベレレッ・ベレレッ

A一発で進んでいる割には少し締まりが出てまいりました。ギターとドラムだけの時は馬鹿っぽかったからねぇ。

Aメロに入ると、突然ギターは跳ね始めます。この後はずっと16ビートっぽい流れ。

ベースさんにもベンベケベベッベと動き回って貰おうかしら。いや待て待て。

メロディ主導でギターのリフを付けたのですが、実は何をやっているか深く考えずにリフを作ったのです。

コードはあるけれどルートが今ひとつキマっておりません。

そんなリフあるかってぇ話ですが、なってるんだから仕方ない。

ここはもう、ギターさんのいい加減ぷりを逆手に取る事にしました。

ベースさん、やりたい放題にしよう。

だいたい、ギターだってA→B→D→Gとかやってるんだからベースさんも合わせる事無いよね。

と言うわけで、Aを軸足に好き勝手に弾いてもらいました。

流石にBのときにレとかはダメみたいだけど、ギターが意味不明な分何をやっても結構合います。

こりゃいいや。やりたい放題やって後から考えよう。

そんなこんなでお粗末様でした。

BGM・効果音 使い放題 定額制スタンダードプラン Audiostock

えっ?ベース音源??

無料のベースはそれこそ星の数ほどあるのよ。

有名どころを幾つか使った末にAmple Bassに落ち着いております。

例えば

W1 Limiterで有名なGeorge Yohngさんの4Front Bass(→ダウンロード)。

上品で優しい感じの音です。個人的には優しすぎるのよ。

Cakewalk標準のSiBassGuitar(→Cakewalkダウンロード)とか。

使わない理由はみんなが使っていそうだから、と言う子供じみたもの。

Steinbergの昔の標準プラグインVB1とか(→ダウンロード)。

相性なのか、使ってみたらチューニングが合わなくなったんで敬遠。

Project16さんのベース音源(→ダウンロード)とか。

フランス語なんでTéléchargementてのが「ダウンロード」の意味ね。

奏法別の音源があるけれど、32bit版しかないのです。

と言うわけなのでした。ま。ぶっちゃけ好みです。

ブレイズスマートEV HEADWAVEヘッドウェーブ
DAW/VST
スポンサーリンク
スポンサーリンク
imoimoをフォローする
スポンサーリンク
ボケないためのDTM

コメント

タイトルとURLをコピーしました