ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

DAW/VST

cakewalkでパラアウトを設定する話

更新日:

ちょっと違うだけで、お手上げになるのは老化かなとか思ったりして。

こんにちは。imoimoです。

cakewalkが折角タダになったんで、使おうと思っているわけで。どうせなら、完全0円の環境作りの最適解も考える取り組みです。

お急ぎの方へ

2019.4.16

Cakewalk by BandLabがアップデートしたせいか、内容が古くなっております。

とにかく早くパラアウトしなくちゃ、と言う方はこちらへご移動願います。

【2019】Cakewalk by BandLabのパラアウト

さて、ドラム、て言うのは他のパートと違って複数の種類の楽器をひとまとめにして「ドラム(ス)」と言うわけで。クラシックだと、多少掛け持ちはあったにせよ基本バスドラとシンバルとスネアは別の奏者。3人がかりなわけです。

だからそれぞれ本来は別のトラック。でもMIDI的には一つのパートでして、普通にやるとミックス済みで音が出るわけです。これがイヤ。

そこで、種類別に出力する機能がパラアウトなわけです。

遠い昔、実機でやっていた頃に、リズムにはYAMAHAのRX11を使っていたのだけれども、使っていた理由の一つが「パラアウト」。パートごとに出力できたので、最初にここをミックスしてドラムのトラックを作れたのでした。どうしてもクラッシュシンバルにコーラスをかけたかっただけなんだけどね。

MT POWER DrumKit2では、8系統に振り分けて出力できます。ミキサーが内蔵されていて、各パートにコンプもついてる。

と言うわけで、[Empty Project]で開始したcakewalkに、まずドラムを設定しよう

と。

[挿入]→[プラグインシンセ]→[Uncategorized]で[MT-Power DrumKit]を選ぶと、ドラムがセットされます。その時の設定は、何やら色々出るけれど取り敢えずコレ。

「ソース用MIDIトラック」と「マスターアウト用オーディオト(ラック)」、それから「シンセのプロパ(ティ)」にチェックを入れます。

↑2018.8.27 ここでimoimoは間違いを犯しております!!お急ぎの方は今すぐ最後の方の「追記」に飛んでください!!

…まぁ、他人の失敗はタメになるかも、て事でそのまま記事を残します…

その次に、[挿入]→[オーディオトラック]を繰り返して、オーディオトラックを8個作ります。

…このあたりからちょっと手こずったわけです。と言うのも、REAPERだと、インスツルメントトラックを入れた段階で「パラアウトする?」的に訊いてきてくれるので、半自動でMIDIと各パートのトラックが作られるのですが、その機能がないのか複雑なのか…きっとあるのだとは思います。

オーディオトラックまで作れると、MIDIトラックのMIDIアイコン でMT-POWER DrumKit2が呼び出せるので、こちらを設定。

下の方にある[MIXER]□[GROOVES]の、[MIXER]を押すと、ミキサーが呼び出せます。

このミキサーは、MT-POWER DrumKit2の、各パートの出力を決める言わばプリミキサーで、ここで出力を8系統に分けられます。例えば「クローズとオープンのハイハットは一緒で良いや。」的なくくり方で分ける感じ。各系統はステレオだから、定位も調節できます。また、後でcakewalk側で設定する時に各系統の右だけ、左だけ、みたいな設定もできるから、一つにくくったパートも、左右に分けておけば実質的には全パートパラアウトにする事も一応可能、て事で。

ここまで準備出来たら、cakewalkに戻って、さっき挿入したオーディオトラックを調整します。

[表示]→[コンソールビュー]にすると、ミキサーが出て来ます。フェーダーの下に、INPUTとOUTPUT、それからトラック名の設定できるところがあるので、この[INPUT]をクリックすると、そのトラックにどの音を引いてくるかを設定できます。

[MT-POWER DrumKit]を選ぶと、ズラーッと選択肢が出ます。これが、さっき設定したプレミキサーの出力一覧で、各系統のそれぞれ stereo/右だけ/左だけ を選んで設定できるわけ。

これで、作ったオーディオトラックそれぞれに、MT-POWER DrumKit2の出力の1~8系統を割り振って行けば、パラアウト設定完了。分からなくならないように”KICK”、”SNARE”…みたいに、トラック名も変えておくのがボケそうなimoimoには重要。

…と、ここまででよく見ると、cakewalkのオーディオトラック、て、標準で各トラックにコンプとパラEQ、サチュレータとかが挿入されているのですね。REAPERにはあんまりない仕様。こう言う至れり尽くせりが良いかどうかは人それぞれ。まぁ今の所は面白がって使ってみようと思います。そして、続きはまた明日と言う事で。

感想とまとめ

あまり意識した事がなかったけれど、cakewalkの基本的な発想は「MIDIはシーケンス、MTRはオーディオが基本」と言う切り分けを厳密にやろうと言うものなのかなと思いました。

あくまでもMIDIトラックはコントロールを設計するところで、つまりシーケンサ。オーディオがMTRの各トラックの実体だから、シーケンサとMTRを別個と考え、シーケンサにしてもひとまずオーディオに落として、MTRで扱いましょう。この二つが合体してDAW。と言う原則を貫いている感じ。REAPERはこの辺そんなに堅苦しく考えていなくてMIDIもwavもごちゃ混ぜなイメージ。動画と合わせる事まで視野に入れると、そう言う所きちんと整理整頓しておくべきなのかな、などと思うのです。

また、問題点として。予想通り「画面が細かい!!」老眼には辛いです。コンソールとかも画面に入り切っていない部分がたくさんあって、スクロールするとあんなのやこんなのもある、てどんどん出て来る感じ。imoimoの非力なノートの小さい画面ではREAPER以上に厳しいです。やっぱり大きなモニターで、できれば2,3枚並べてやりたいところ。

そんなこんなでお粗末様でした。

2018.8.27 追記と言うかこっちが正解!!

行き当たりばったりでいじくってみているので、我ながら随分と悪態気味な記事ですね。

実際には、パラアウトは簡単に設定できるのでした。

[挿入]→[プラグインシンセ]→[Uncategorized]→[MT-PowerDrumKit]でプラグインを呼ぶと、挿入オプションを訊いて来ます。

ここで「マルチアウト用ステレオオーディオトラック」にチェックして「OK」すると、一気にMIDIトラック一つとパラアウト用のオーディオトラックを作ってくれます。

後はMT-POWER DrumKit2のミキサーで、出力先を変えればパラアウト完成。

なんだ、カンタンぢゃん。

後になってはそう思うのですが、当時はイラついておりました。

同様に、マルチ音源を設定するのもイラついたわけです。そんなわけでこちらも併せてご参照ください。→([CakewalkにSampleTankをパラアウトする話]

 

-DAW/VST
-, ,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.