ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

マスターエフェクトはひとつまみ、ひと振りで

投稿日:

料理でも、最後の一味で台無し。よくやっちまうわけでして

こんにちは。imoimoです。

ドンドンドンドンの四ッ打ちに、ズビビビズバンボのベースラインな曲を作ろうとやって参りました。

こういうの作った事があまりないせいか、結構早々に行き詰まりを迎えたのです。

行き詰まりを迎えた現在のトラック構成は

  • ドンドンドンドンの四ッ打ちキック
  • ハイハット
  • たまにショワーンとシンバル
  • シンバルと同時打ちのスネア ←中止しました。
  • ズビビビズバンボのベースライン
  • コケケケキロキロのシーケンサ
  • ブシューッと鳴るSuperSaw
  • ジュンジュワーなノイズ
  • ボイーンなティンパニ
  • ショイーンな高音
  • はぇ~~んなサンプリング音

何だ。結構入れたぢゃん。と自分に言い訳しつつ。本当は飽きてきたからですが、もう出来上がりにしてしまおう、と言うことで微調整に移りました。

  • スペクトルが重なっているのか、音が食い合う所があったので、シンセを少しエディットし直してすっきりに。
  • エンハンサーを広げすぎた様なので狭めたり。
  • 定位を直したり。
  • まあ主客の別があんまりない構成なのでバランスもそれなりに。

結果的に、センドで回していたリヴァーブは結構絞る事になりました。

宇宙ぽく鳴らそうと思ってリヴァーブきつめにしておりましたが、かけりゃ良い、と言うものでも無い様です。音が回ってしまってカイコの繭にいるみたい(入った事ないけど)。

そして、マスターエフェクトです。

普段、マスターにはせいぜいEQ、コンプ、MS処理のゲインぐらいでやっておりまして。あとたまにマキシマイザーとか。

そこに来て、先日iZOTOPEのプラグインをキャンペーンで貰ってしまったのです。

コレ。Ozone8 Elements。$129USDて書いてあります(→公式ページ)。

iZOTOPEは高級ブランド、と言う先入観があって。タダでやろうと言う場合はほとんどご縁がありません。

「くれる」て言うから、折角だから使ってみようと挿してみました。

Ozone8 Elementsに入っているFXは、EQ、Imager、Maximizer。この内Imagerと言うのが高級品ならではのモノの様です。

やっぱ高級品は違いますねぇ。適当にツマミ動かすだけでググっと音が良くなります。

まあ所詮は住む世界の違うプラグインなので、深く詮索せずに設定。

よせばいいのに

いつものプラグインにも出番を与えたくて、MS EQ Compも追加。

MS EQ Comp。日本の老舗DAWメーカー、インターネットの無償プラグインです(→ダウンロードはこちら)。高性能、高評価なプラグイン

…これ、多分同じ処理の2段掛けだと思うのだけど?

Ozone8の方は結構マイルドな掛かりで、マスターエフェクト用と言うのがよく感じられます。

一方MS EQ Compは、マスターにも単体にも使えるようなレンジの設定になっていて、よく言えば応用が利くし、文句を垂れるならば微調整が大変。

ですので、MS EQ Compをマスターにかける場合は、本当に「ひとつまみ」「ひとふり」的なかけ方にする方が良いと思います。

そして結論

同じ処理のカスケードはやめましょう。

泣く泣くMS EQ Compを今回は外しました。

そんなこんなでお粗末様でした。

-曲作り
-,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.