コンテンツて大変

コンビニにトンボが迷い込んで。ヤンマだったから結構騒然

こんにちは。imoimoです。

ひょんな事から10秒くらいの動画を用意しなくてはならなくなって。

まあアニメなわけですが。やった事ないわけで全くの不案内。

写真でもなんでも、素材があれば意外と手軽に作れる様でして。つまりはスライドショー。なるほどぉ。

色々無料アプリとかでやってみましたが、結局いちばん効率良く作れるのはPowerPointと言う結論になりました。さすがは経済の荒波に揉まれております。

PowerPoint

プレゼン資料作成の王道ですね。プレゼンやらないので使わないけれど(→製品ページ)。

知ってると思いますが、タダではありません。

動画素材を用意できれば編集ソフトはこれまた色々あって。スマホで完結できるからみんなあんなにアップしているのかぁ。と感心しきり。

でもね

今回は何も素材が無いので、カットの分だけ画像をイチから作らなくてはなりませんでした。動きがあったりするのでスライドショーと言うわけにもなかなか行かず。

どうせなら、と取り組んだのがDaVinci Resolve

DaVinci Resolve

無料版でもかなり高度な処理が可能な総合動画編集ソフト(→ダウンロード)。

ほぼスライドショー的な動画を作るのには大仰過ぎるソフトです。ニトリの家具の組み立てに自衛隊が出動する様なもの。

完全なる

ド素人なので、正直チンプンカンプン。

あぁ。こんな気持ち遠い昔にもあった、け。

生まれて初めてシンセを手にした時。ヘッドホンもアンプも持ってなかったりして。ラジカセに繋いで鳴らしました。

予備知識ゼロでPC-9801をゴミの山から発掘した時。DOSが要ると気づくまでひと月かかりました。

この間ヘルシオ買ったけど取説読む気がなかった時にもちょっとこんな気分。

ふむふむ。

エディット」のところで部品を並べて行くのかぁ。

Fairlight」は要するにDAWみたいなものか。Audacityに似ている感じ。

Audacity(→ダウンロード)。

カラー」の所で補正や色調加工とかをするのね。

デリバー」てのが書き出しで、

Fusion」てのはVFXかぁ。ここが一番キモの様な気もするけれどパス。と言う宝の持ち腐れ

良かったのは

ビデオもオーディオもバンバントラックを増やせる所。これが便利です。

トラックを増やせるからオーディオの調整もDAWと同じ感覚でやれます。VSTも使えるし。

ビデオもトラックを増やせるから、所謂レイヤーみたいな事がカンタンにできちゃう。

素材同士をつなげるだけじゃなくて重ねるのが簡単にできるのが感動的。

無料のスライドショーソフトみたいなものでは、動画を複数並行で扱えるものが見つからなかったので今回の様なアニメには便利です。

難しい機能を使わなければ使い勝手いいし。

歌付きの

音を入れる必要があったので、UTAUにちょっとだけ歌って貰って入れました。伴奏はギターだけ。

歌ってくださった波音リツ様(→ダウンロード)。

そんなこんなで取り敢えず10秒アニメができました。

それにしても、曲作りもその一部に過ぎない、と言う点でコンテンツ制作は大変だなぁ、とあらためて思いました。

日頃の製作と一番違うのは「行き当たりばったりができない」て事。

コンテ書きとまでは行かずとも、一応ストーリーや作戦を考えて臨まない事には作れません。

動く絵を4つ重ねる必要があったのですが、てきとーにやったら全くうまく行かず一旦作り直しとなりました。まあド素人だからですかね。

何はともあれ。

ド素人でもそこそこ楽しく動画製作がやれました。DaVinci Resolve、実はド素人にも優しいかも。次は是非VFX使おう、と。

流し読みしただけですが、ものすごく詳しいテキストも公開されています(→【DaVinci Resolve トレーニング】)。

有料ぽい表示ですが、PDFは現在タダです。

そんなこんなでお粗末様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました