叩けないけど打ち込むのも大変

腰が悪いので立ち飲みとは無縁

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

現在はドラムを入れておりますが。

ギターばかりかガチでドラムも叩けないimoimoとしましては、ドラムの打ち込みは大変。

世の中同じ思いの人が多いからか、ドラムループとか言って巧い人が叩いてくれたものがあったり。これなら貼り付けて並べるだけだよね、と言う親切設計。

今回使っている無料のドラム音源、MT-POWER Drum Kit 2(→ダウンロード)にも

たくさんパターンが入っております。

[GROOVES]と言うボタンを押すと登録されているリズムの一覧が呼び出せます。

プラグインの中だけでパターンを並べればちゃんと演奏してくれるし、トラックにドラッグすればMIDIデータにしてくれます。便利便利。

ちゃんと

こういう便利なものが世の中たくさんあるのに。どうも一つ一つ手で書いて行かないとおさまりません。

そんな奇抜な事をやるわけでもなく。普通にキックとスネアでドッパドッドパッとかやっているのだから、サンプルやプリセットでいいじゃない?

もちろん、グルーヴ感出したいからなんて言う高度な理由ではありません。要するにやり方を変えられないだけ。

そうは言っても、正確にタイミング通りに入力するとどうもよろしくない事が多くて。

リズム隊なんだから、時計の様に正確にやっているのかと思っておりましたが。これダメみたい。

確かに。なんか重いドラムの人とかはタイミング遅めだったり。じゃあどこで辻褄合わせているのだろう、などとあーだこーだやりながら作って行くわけです。

よくある・・・ドドパンッみたいなヤツも、ドドを16分音符ふたつで入れると凄くせっかちに。

それなら、と8分音符ふたつにすると何やらブレーキになったり。

うーん。三連符でもないしなぁ。などとちまちまやっているわけです。

結局ちょびっとだけずらした16分を二つ並べてみたり。

意外と、ベロシティに差をつけるだけでそれっぽくなったり。

叩けない立場から見るとドラムはパワー重視、野獣に見えますがそれはポーズ。意外と繊細なのね。

もう一つ

へぇーと思うのはライドシンバル。

遠い昔、ライドはあんまり好きじゃなかったんです。

ステジオで叩いてみるとなんかお寺みたいな音だし、いつまでも鳴ってやがるし。きらーい、て思っていました。しかもやたら重いっ!!まぁ厚手の金属ですからねぇ…

…かくして、おのずとハイハット贔屓になるのですが。

打ち込みのハイハット、てこれまた難しい気もして。

現代のハイハットは鐘が二つ合わさっていてパカパカする奴ですが、オープンだけでもカッコ悪いしクローズは何か耳障り。ペダルはペダルでどうも音が浮いておりまして。

シャクシャクシャクシャクみたいな音はオープンとペダル、またはクローズを交互に打ち込むとそれらしく鳴ります。まあ当たり前。何かイメージと違うなぁ、と言うのはベロシティのせいだったり。

チッチキチキチキとかシャカトゥクシャカトゥク等になると、ますますタイミングやベロシティの調整が複雑になります。なかなかキカイ臭が抜けません。

しかも。一番お気に入りの半開きハイハットが無料音源だからか見つかりません。いくつか音源ひっくり返したけれども無い感じ。

かようにハイハットの打ち込みが難易度高いので、最近はライドをそこそこ使うようになりました。

これまた律義にチンチキチキチキとかカンカンカンカンとか入れると完全ロボ状態になるわけでして。ベロシティで山谷をつけたり、音を抜いたり足したりしてみております。

毎度思いますが

ゼッタイ叩いた方が早いっ!!

…叩ければね。

そんなこんなでお粗末様でした。

【宣伝広告なんちゃって】

そんなimoimoも登録しております、著作権フリーの商用音楽ストックサービスAudiostock。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

作品を販売するには審査があるけど、こんなにグダグダな人でも通る時があるから大丈夫。

作る人も、使う人も、登録する時には招待コードを使うとちょっとお得です。

imoimoの招待コードは

v1FZoMkq2uDg

です。誰のコード使っても同じですけどねっ。

【ちゃんとした広告】

コメント

タイトルとURLをコピーしました