まだなの木管

涼しくなって。いくらでも寝られるかわりに何度もトイレに起きる様になりました

GRANDS

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。今回は大昔の曲をオケバージョンに作り直そうと言う企画。

パートごとに作って行こうと言うわけで、弦パートを一通り作りまして、今は木管。

フルート2本、ピッコロ1本、オーボエ1本、クラリネット1本、ファゴット1本、コントラファゴット1本そしてホルンが2本の9人体制となっております。ちょっとバランス悪いかも。

ピッコロの出番はわずかだけど、持ち替えで吹けないので横笛は3人要るみたい。

正直手に余るのです。

人数は多ければ良いかと言うとそうでもなくて。よく考えて作らないとのっぺりとして音の薄いものになってしまいがち。

遠い昔。

普段は5人くらいの編成でやっていたのですが8人編成のバンドをやった事があって。

ギターが3人もいたのに音がペラッペラ。皆さんのせいではなくて完全に譜面のせい。僅か1ステージで解散と相成りました。ホントごめんね。

今回作り直している曲は、もともと多重録りで独りで作ったもの。ライブでやりたくて集めたのが件のバンドだったと言う曰く付きの曲です。

同じ轍を踏まないよう一つ一つ気を付けながら作り直しております。

もっとも。バンドがすぐ解散するのは、威張っているクセに練習も勉強も大嫌いな自分の性格が原因の大半ではありました。それで「弾かない」「歌わない」ついでに「高見を目指さない」と相成りました。

音楽と言うのは不思議なもので、やれば目立ちたくなって高見を目指してしまうけれど。そんな必死な姿勢をやめちまってもひょいとまた落書きみたいにイメージが出てくるものの様です。出てきたら書き留めずには居られない。

料理とかエッセイ、絵なんかも同じなのかも知れないなと思っていたら似たような感じでテニスサークルを主催している人がいたり。スポーツでもそう言うのあるのかねぇ。

端から見ると「好きなのね」とも見えますが、個人的には好きとはちょっと違いまして。まあオナラみたいなもんです。だって出るんだもの。出さないと気持ち悪いし。

そんなわけで進歩の無いままゆるーくやっております。そのせいで今回の木管は大難航。いつまで経っても出来上がりません。

ようやく

ワンコーラス分できて、先が見えたかと思いきや間奏がありました。ここは新しく作った部分。

みんなに出番を作りたくてビオラのメロディから入っております。

できればビオラ一本でやりたかったけど、セロも伴奏に回っているからかなりパワー不足。

仕方なくフルートさんに味方してもらいました。でもフルートメロディにならないでね。

おっ

意外と控え目に鳴ってくれています。流石はプロだねぇ。と言ってもプラグインだからサンプリング音だけど。

クラリネットやオーボエは結構主張があって、弦と重ねるとついつい前に出て来るようですが。

もっと目立つかと思っていたフルートさんは意外とビオラを立ててくれております。リードが無い楽器の方が倍音が少ないのかもね。なんて思ってもスペクトラムを確認しない辺りが進歩しない原因だとも思います。

その割にはピッコロさんは随分と主張してくれるじゃない。Vel:70とかにしても目立つ目立つ。

などなどとあーだーこーだやっている内に、どうにか間奏もでき上って参りました。

金管はまだ入れていないけど、入れたらビオラは影に隠れてしまいそう。どうやろうかななどと考える余裕も出て参りました。

あとは大サビをコピペして、手直しすればようやく金管かな…

あぁ

後奏あるぢゃん。これも原曲には無かった所。イチから作らなくちゃ。もうホント飽き飽きな木管作りとなっております。早く金管入れちまわないとパーカッションをどう入れるつもりだったのか忘れちゃうよ。

そんなこんなでお粗末様でした。

そう言えば

このブログはWordPressで作っているのですが、検索ワードとかの情報も出るようになっておりまして。

“Cakewalk”+” Linux”で検索している方がいるみたい。

Cakewalk by BandLabは、無料の中では恐らく一番人気のDAWだと思います(→ダウンロード)。

完全無料総合DAWですが、製品版だったSONARの昔からWindows専用だったと思います。

LINUXに移植されたのかな?と思って調べてみたけれど、今一つ見つからず。

imoimoがメインで使っている無料のDAWはWaveform Freeです(→ダウンロード)。

こちらは前身のTracktion DAWからずーっとLinux版もあります。

無理にCakewalk by BandLabにしなくても、Waveform Freeでいいぢゃない?と思います。やれることはほぼ一緒だし。

でも

LinuxでDAW動かそうとすると結構大変。なんだかJACKだとかWINEだとかよくわからんものが絡んでくるし。

ググった通りにやってみてもうまく動いた試しがありません。そもそもアプリやプラグインを入れるのが大変。すぐコマンドライン必要になるし。

三輪車なみの低速PCにLINUXを入れているせいかもしれないけどね。早いPC買う金があったらOSぐらい買うし。特にMicrosoftさんに恨みもないし。

何年か前にDX-7互換プラグインのDEXEDがLINUX以外非対応になった時期があったので少し挑戦しましたが、今はWindows版も手に入るので動機が無くなりました(→DEXEDダウンロード)。

とにかく歯ごたえ抜群のLINUX上DTMと言うイメージですので、ここはWindows買っちゃおうよと個人的には思います。WINE使うなら結局Windowsと同じような気もするし。果たしてWINE上でCakewalk by BandLabが動くのかどうかも未確認です。

WINEて言うのは、LINUX上でWIndowsアプリケーションを動かすソフトです。

その気も起きないくらいにLINUXは苦手。

Waveform FreeはRaspberry Piでも動くと言われています。LINUXだから確かにタダだけどプラグインも少ないし、LMMSとかもわざわざPCでやらなくてもスマホ版でいいぢゃない?と言う印象だったので、結局LINUXマシンは使わなくなってしまいました。要は楽な方に流されて行きましたとさ。

と言うわけですので、LINUXでCakewalkを動かしている方を見つけたらすんげーデキる方なんだろうなと思います。

負け惜しみじゃないからねっ

そんなこんなで今度こそお粗末様でした。ホントお粗末

LikeSweetsBOX マイニングベース IQ Server mixhost

コメント

タイトルとURLをコピーしました