やっぱり間違えているみたい

スポンサーリンク

今朝は街からカラスも鳩もスズメも消えて。雨でも降るのかな

こんにちは。imoimoです。

てきとーな製作をやっております。

骨組みがピアノで一通りできたので肉付けを始めております。

ベースとドラムを付けて、今はストリングスを載せているところ。

イントロが

ずーっと謎の構造でして。

行き当たりばったりに捻くりだしたフレーズは4小節に一拍足りません。

ベースとドラムはピアノをなぞって付けましたが、ストリングスはピアノと対抗する感じで付けたくて。

そうなるとピアノの骨組みの構造を把握しなくてはなりません。

タ・・タタタタと言う8分音符7つのかたまりが3回繰り返し。せっかちに前のめりな感じ。

お尻に・タタタタンタカタン・と4拍分のフレーズがくっついております。

途中に半拍謎の隙間があって、全部で8分音符30個分、三小節と三拍となっております。

ピアノは何食わぬ顔で鳴っておりますが、ストリングスがどうにもこうにも合わせられません。針の飛んだレコードみたいになっちゃう。

考えるに

このフレーズ、正解はタ・・タタタタター・・タタタタと食いながら4拍で進めるべきなのでしょう。

そうなると、三回リピートの後はタータタタタンタカタンとピッタリ。

綺麗に4小節に収まります。

でもね

あまりに在り来たりすぎて退屈なのよ。少しでも足掻こうと言うことで7/8拍子部分は残すことにしました。

お尻の謎の空白をカットする事にします。

とは言え

もうベースもドラムも入っているのよ。今から修正するのは結構面倒。

家具のレイアウトとか考える時や、何かの設計・数学の問題とかでもそうだけど。

最初で間違えているとどんどん問題が拡大して先々酷い目に遭う事はしょっちゅう。

ジュラシックパークでも、

【amblin.com】

インセプションでも

【warnerbros.com】

同様の事が語りつくされている観があります。もっとも、インセプションでは始めの一歩を偽装するんだけど…

いつもなら軌道修正や上塗りをしてごまかすのだけど、今回はさすがに手に負えないのでやらざるを得ません。

或いは全く別物のイントロを作るか、だねぇ。

おとなしく作り直しますが、どうしてこうなったのだろう。

どうやら。

右手は7拍子ぽく弾いていたのに左手は4拍子で考えていたようです。

リトミックなの??

【カワイ音楽教室】

その割には左手1拍足りくなってるぢゃん。

そんなこんなでお粗末様でした。

アクセスオンラインショップ

今回

リズム譜の画像作るのすげぇ大変でした。

力作です。Excelで作ったんだけどね。

そんな暇があったら元の譜面を直せ、てぇ話ですが。

カナガンキャットフード
曲作り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
imoimoをフォローする
スポンサーリンク
ボケないためのDTM

コメント

タイトルとURLをコピーしました