ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

8小節の曲を弾かずに作ろう 5 (cakewalk起動せず!編)

更新日:

問題の原因は意外と近くにあったりするもので。

こんにちは。imoimoです。

折角タダになったcakewalkに、ちょいとREAPERから引っ越してみているのです。

試しに小さな8小節12秒の曲を作ろうとやっておりますが、小さい曲はごまかしがきかず、4パートでギブアップ。

ともあれ、無事(と言うかお手上げになって)ミックスダウンまで漕ぎつけたわけです。

CPU負荷の大きいものの時を想定して、全部のトラックをフリーズ。MIDIのトラックはミュートして、wavだけでミックスしました。

「ファイル」→「エクスポート」→「オーディオ」

でwavに書き出そうと言うわけですが、まあこれは普通に完了。

cakewalk起動せず!

cakewalkを終了して、再起動したところ、うんともすんとも言わなくなってしまいました。カチカチやっても無反応。

ショートカットからも、スタートメニューからも無反応。

書き出したwavは普通にAudacityでエディットできましたが、フォルダ名を変えようとすると「使用中です」的なのが出て変えられない。

どうやら、cakewalk(と言うかSONAR)あるあるで、起動しなくなったり落ちたりはよくある事みたい。

そう言う時は、タスクマネージャーからcakewalkを終了させるのがセオリーみたいだけれど、見つからなかったのでPC自体を再起動…

…無事立ち上がりました。

で、再びエクスポートして、cakewalkを終了したところ、やっぱりまた立ち上がらなくなりました。

どうやら終了時に書き出し先のフォルダを手放さなくて、エクスプローラーからはcakewalkが終了していないように見えているみたい。

エクスポート操作をしない時には普通に終了/起動できていたので、エクスポートがネックみたいです。プログラムと書き出し先のドライブを変えたからかなーとか思いつつ。ま、作業終了時だからいーっか、と深追いしないことにしました。

その点REAPERは今までフリーズゼロです。とは言えVST-Host(→[タダにこだわってDTMをするための覚書き] )や、グラフィック系ソフトだとInkscapeなんかも落ちまくるからね。そう言えばExcelもたまに一番いいときに落ちてくれる。その日1日分の作業がパー。

2018.7.25追記) 正確を期さなくてはいかんと思いなおして、タスクマネージャーを確認しました。アプリケーションは終了しますが、バックグラウンド プロセスに[Cakewalk Appication]が残ってメモリが解放されていません。これを右クリックして「タスクの終了」を行うと、また起動するようになります。

ピークがニョキーン

とにかく完成させてしまおう、とwavをAudacityで展開したところ、波形がやけに細くてスカスカ。

いつものパターンだと、ガムテープみたいに密集した波形があって、少しさざ波が立っている様な波形なのだけど、パンツのゴムヒモみたいな波形。

いつものパターン

まあ、これはクリッピング(レベルオーバー部分を潰している事)させてるんで邪道ですが。

時間も短くパートも少ないし、流し(ロングトーン)入れていないからからまあギザギザが目立つのは当然としても、スカスカすぎやしませんか。

レベルが足りないのかと言うとそうでもなく、ニョキーンとピークが出ている所があるのでした。だから増幅もできない。

てきとーにミックスしたからかな。やはり雑はいけませんな。

8小節だからとなめてかからずに、リミッターなりコンプなりEQなりを入れる事にしました。

それにしても、何やらこの波形、マイナス方向に偏っていませんかねぇ?なぜだろう…

そんなこんなでお粗末様でした。

8小節の曲を弾かずに作ろう 6 (仕上げ編)へ

8小節の曲を弾かずに作ろう4(ミックス編)へ戻る

目次

-曲作り
-,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.