ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

DAW/VST

【2018年】手軽に始めるDTM環境(無料音源編)

更新日:

床屋で「髪の毛が伸びないクスリをくれ」と言ったら「商売にならない」と断られ。ファッションデザイナーの卵に「着るだけで9等身、脚と身長が30cm伸びる服を作ったら」と言ったら鼻で笑われ。「化粧が面倒くさい」と言うので「お面にしたら」と言ったらぶたれ。

こんにちは。imoimoです。

[手軽に始めるDTM環境] で、音楽製作できる環境は整いました。

プリセットを選んでトラックを作って行く内に、やっぱり気に入った音色が欲しくなります。

この場ではオーソドックスなバンド形式で楽曲を作る事を中心に、無料音源のオススメをまとめます。

ドラム

リズムマシン系ではなく、手軽でドンピシャな生ドラム音源は、MT-POWER DrumKit2

セットは1種類。パートごとに音を出せるパラアウト。ミキサーとプリコンプ、リズムパターンのプリセットもあります。

音色はパワー系の、結構リアルなロンプラーで、動作も安定しています。鉄板音源。

ダウンロードはこちら

cakewalkの基本トラックにどのドラムを入れるか、て話】も参照して下さい。

ベース

シンセベースじゃなくて、エレキベース。張り立ての弦みたいなビビり感がおすすめの音源がこちら

Ample Bass P Light II

スラップとか、グリスはないけれど、存在感のあるピック弾きのベースです。

ダウンロードはこちら

cakewalkで基本トラックにどのベースを入るか、て話】では、いくつか比較してあります。

ロックギター

アコースティックじゃなくて、歪み系のロックギター。このテの音源は有料ものが山ほど出ていて、「欲しいヤツは買え!!」て言うムードが満々。または「素直に弾いちゃえば?」てムード。

そんな中手軽に必要十分なのが老舗音源のSuperRiff Guitar

ミュート、普通のダウンストローク、哭きビブラートと3種類の音がベロシティによって出るので、ベロシティとゲートタイムで抑揚も結構つけられます。

ダウンロードはこちら

そのままだとちょいと迫力不足なので、エフェクター通した方がまとまります。おすすめはGuitar RIG

無料版でもそこそこやれてしまうエフェクター。

ダウンロードはこちら

cakewalkの基本トラックにギターを入れておこう、て話】も参照して下さい。

キーボード

こればっかりは好みもあるし、無数に出ているので、手軽で便利(そして「タダ」)なものを

  • ピアノは、SampleTankの音源がおすすめ。ベロシティでソステヌートとかもかかります。

ダウンロードはこちら

cakewalkの基本トラックにどのピアノを入れようか、て話】も参考にしてください。

  • ハモンドは、VL-122がおすすめ。エフェクターは外付けVSTで通した方がきれいです。

ダウンロードはこちら

cakewalkの基本トラックにハモンドも入れておく話】も参照してください。

  • ソリーナ(ストリングスシンセ)はEslineがおすすめ。

フェイザーのかかりが実機にかなり近いです。

開発元のElektrostudioは、サイトも閉鎖されてしまって残念です。エミュレータをいくつも出していました(→VST Museumへ行ってみてください)。

  • 壮大ストリングスはOrpheus

やや重いです。

ダウンロードはこちら

これで、オーソドックスなロックバンド音源は揃いました。

基本環境編に戻る  シンセ編へ進む

目次へ

-DAW/VST
-, , , , , , ,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.