ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

曲作り

やっぱりリヴァーブはひとまとめ?

更新日:

塩胡椒。途中で振るのは結構ハードル高めな素人料理

こんにちは。imoimoです。

エッジの立った音になかなかならない、て話を書こうと思いつつも、現在引越中でして、時間もネットワークもない状態。

ようやく段ボール箱が姿を消して参りましたが、何がどこに行ったやら。PCを買い替えた直後の様な有り様です。

そんな最中、どうにかこうにか僅かながらの進展がありまして。

ドンドンドンドンの四ッ打ちと、ズビビビズバンボのシーケンサ系ベースライン。そんな曲を現在作っております。

またやってしまった

懲りないパターンでして、それぞれのトラックにリヴァーブやエンハンサーがかかっとるわけです。

パート1つひとつでは結構良さげに聴こえるのですが、まとめて鳴らすと「もわん」とした音になってしまいます。

こうなると、トランジェントシェイパーやらコンプやらではなかなか解決できず、やっぱりそうかぁ、と呟きつつもリヴァーブを全外ししました。

まとめて一本でリヴァーブをかけるべく、各トラックにセンドのプラグインを刺しました。

センド/リターンがプラグインて言うのはTRACKTIONならではの仕組みで、初めは面食らいましたが、16系統のバスを組むことができます。

リターンのトラックをひとつ作って、リヴァーブを挿すのです(→TRACKTION7のセンド 正解編)。

今回は打ち込みっぽい曲をやってみよう、て企画なので、リヴァーブも宇宙チックなやつにしたいところ。

REFLEXを使おうとしたのですが、プラグイン一覧に出ません。

REFLEX free(ダウンロードはこちら

えーっ!?この子32bitだったの?(ちゃんとデカデカと32bitと表示されております)

jBridgeで挿す手もありますが(→詳しくはここを見て下さい)、まあそこまでこだわりないので、easyReverbに変更。

easyReverb (ダウンロードはこちら

うーん、しっくり来ない、てんで…

…結局いつもながらのTAL-Reverb2を使う事にしました。

TAL-Reverb2 (ダウンロードはこちら

あらためて鳴らしてみると、もわもわ感が大分軽減されました。

とは言え、エッジは立たないまま。

もっと切りたての角材みたいなズビビビズバンボがいいのにぃ…

単純にシンセのアタックをゼロにしても、エッジは立ちませぬ。

結局、リヴァーブやエンハンサーやコーラスは音を滲ませてしまうので、これらを掛けるにつれて音はまろやかになって行くみたい。

はてさて、どうしたものか。と思いつつも今日も段ボールの片づけに邁進するのでした。

そんなこんなでお粗末様でした。

-曲作り
-,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.