ゆる~く続ける音楽制作のあれこれや昔ばなし

ボケないためのDTM

DAW/VST

REAPERでマルチ音源のSampleTank

投稿日:

元々忘れっぽい方だけどこの頃は拍車がかかって

こんにちは。imoimoです。

旧作を手直ししようとやっております。今回引っ張り出したのは2年前のREAPERプロジェクト。

REAPER

主に海外で評価の高い軽量総合DAW(→ダウンロード)。

タダでも使えますが基本的にドネーションウェアです。払ってね。

ストリングスは入れていなかったのですが、今回はシンセから置き換えて使おうと思います。

無料のオーケストラ系ストリングス音源で音が良いなと思うのは

VSCO-2CE(→ダウンロード

LABS Strings(→ダウンロード

辺り。

ところが

どちらの音源もimoimoの低速ノートにはかなりな負荷になるのです。複数挿すと落ちてしまうこともしばしば。

そこで、お久しぶりでマルチ音源の具合を試そうと思います。日頃散々マルチ音源を敬遠しておりますが、持っていないわけでもなくて。

使うのはSampleTank 3。

SampleTank

有名なIK Multimediaのサンプラー。

現在はVer.4になって、無料版は無いみたい。つまりはそのくらい自信がある、て事かも(→公式ページ)。

少し音源を増やした安い有料版のSEを挿しました。

困った事に、マルチ音源の挿し方をすっかり忘れております。どうやるんだ、け

手順1

トラックリストで右クリック。

[Insert virtual instrument  on new track]を実行。

プラグインリストからSampleTankを選びました。

「パラアウトするかい?」みたいな表示が出るので「はい」。

これでプラグインのトラックと、他にパラアウト先のオーディオトラックが16本できました。

手順2

SampleTankのトラックで、FXウィンドウを開きました。

SampleTankを右クリック。

[Build 16 cnannels of MIDI routing to this track]をクリック。

SampleTankに各ch別のMIDIを送るトラックが16本できました。

手順3

SampleTankの各トラックに音を読み込ませて、ミキサーに切り替えました。

各トラックの出力先が、全部ch1-2になっているので、トラックごとに変えました。

出来上がり

何て事ない作業なのに、ここにたどり着くまでに結構苦戦してしまいました。

よくやってしまうのは

トラックの設定はやったのに、プラグイン側で出力チャンネルを変えるのを忘れるものだから、いくらやっても全部ch1から鳴ると言うミス。自分だけかな。

それにしても

これ、て自動処理でなくても設定できそう。そもそもSampleTankを16パート全部使うつもりもないし。

要するに、SampleTankを挿したトラックに、複数のMIDIトラックからchを変えてセンド。

一方で、SampleTankからパラアウトしたオーディオ信号をバラバラにオーディオトラックにセンド。と言う構成にすれば良いのでした。

センドの設定で一つずつでも増やせます。

SampleTank本体のMaster sendのチェックを外すのを忘れないようにしましょう。

ありがたや

今回手間取った時に、そう言えば以前にやり方まとておいたんだ、と思い出しまして。

過去の自分に教えて貰いました(→[REAPERにSampleTankをパラアウト])。あぁ便利。

と言うか内容ほとんど同じな気もします。ま、いっか。

そんなこんなでお粗末でした。

-DAW/VST
-,

Copyright© ボケないためのDTM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.